-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-01 13:33 | カテゴリ:un po` di tutto・あれこれ
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
facebook

長い冬眠生活が終わり、すっかりご無沙汰してしまったブログに戻ってきました。
怠慢な私めをどうぞお許し下さい。

さて、先日、フェイスブックに届いたお友達リクエスト。
11年前に私が初めて手がけた、記念すべきウェディングの時のOさんご夫妻からでした。
わ~、まだ私のことを覚えていてくれて、私を探し出して下さったんだ~、、、と感慨ひとしお。

フェイスブックのいい所はやはり、音信不通になってしまった友人知人と再会できることでしょうか?
20年前にみのむしが幼稚園に通っていた時のママ友も私を見つけ出してくれました!

ところが、、、。


決して、よいことばかりではないのがフェイスブックの怖さ。

以前、私とパオパオがカメラマンとして活躍した(?)パオパオの従弟のウェディングを覚えていらっしゃるでしょうか?
当時のブログはこちら→ http://vacanzaitaliana.blog95.fc2.com/blog-entry-21.html

彼らが結婚したのが5月半ば。
な、なんと、翌年1月始めには別居してしまったんです~~~。

そして別居のきっかけは、、、、、





フェイスブック  でした。


ある時、彼女が旦那さんをフェイスブックのお友達から外してしまったんです。
おや?なんか変だな?と思った彼は、友人を通して調べたところ、彼女に別に男性がいたことが発覚!
フェイスブック上での書き込みを旦那さんに見られないようにお友達からはずしたことがわかりました!
(別にお友達から外さなくても、色々隠せる方法があったと思うんですけど)

その後は親戚中で大騒ぎになり、、、
二人が住んでいた家は彼女が居座り、パオパオのいとこはなぜか毎月生活費を彼女に払わなければならない羽目に!

涙にくれるパオパオのおばさん。
「最初からすべて計画していたんだわ、あの性悪女!」
怒りはおさまらないようです。

こうなったのもすべての発端はフェイスブック。
イギリスでは3分の1ぐらいの確率でフェイスブックが別居離婚の原因になっていると以前ニュースで聞いたことがありました。

フェイスブックの為に人生が変わってしまう?
でも、、、
パオパオと考えたんですが、フェイスブックのおかげで人生を台無しにしなかった、とも言えると。

もしパオパオのいとこが何も気がつかず、あのままずっとだまされ続けていたとしたら、もっと人生遠回りしてたと思うんです。
そういう意味でやはりフェイスブックは功績と罪過が共存していると思います。

スポンサーサイト
2011-05-23 23:26 | カテゴリ:matrimonio・ウェディング
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
wedding11

パオパオのいとこ、アンドレアは典型的なラテン系イタリア男。
30代も後半になるのに、遊ぶのが大好き。これまで特定の女性と続いたためしがなく、叔母の心配の種だった。いつ結婚してもいいようにと何年も前からアパートも用意してお嫁さんを待っていても、本人、ディスコ大好き人間。叔母の心配をよそにいつも友達と朝帰り、挙句の果てには交通事故・・・という人生を送っていた。

そのアンドレアがこの日曜日に結婚した!
相手は私と同じくバツイチ・子連れの外国人。
マリアーナというルーマニア人で、男の子は4歳。
子煩悩なアンドレアは我が子のように可愛がっているらしい。
パオパオの家系は私と彼女の他にバルセロナ出身のナターリアがもう一人のいとこに嫁いでいるので、親戚筋ではインターナショナル化が進んできたとの声があがっている。

私とパオパオはこの結婚式のオフィシャル・フォトグラファー(!)としてご指名された。(ま、腕を買われたわけではなく、身内でちょっと写真が撮れる奴にお願いすればフォトグラファー代を節約できるってとこですが)

wedding3

でもって、当日、お支度の頃に彼女の家へ赴き、撮影開始。
彼女とはこれが初対面。
う~ん、誰かに似ている・・・。

wedding19

イタリア女優のマリア・グラツィア・クチノッタあたりか?
スペイン人タレントでベルルスコーニの弟とくっついていたナターリア・エストラーダにもちょっと似てるかも?
黒髪に派手な顔立ち、情熱を感じさせられるタイプ。

ウェディングの場所はヴィチェンツァ郊外モンテッキオの丘にあるロミオジュリエットのお城だ。
意外と知られていない事実だが、「ロミオジュリエット」の原作者はシェークスピアではない。
もともとはヴィチェンツァの歴史作家、ルイジ・ダ・ポルトがモンテッキオ(英語でモンタギューにあたる)の丘にそびえる二つの城を眺めながらこの悲劇を綴ったもので、その後、仏語訳され、さらに英訳されたお話をシェークスピアがうまく脚色したという流れだ。ヴェローナ市内にあるジュリエットの家やロミオの家は1920年代にヴェローナ市が市の建物の大々的な修築工事をした際、文化財保護責任者の建築家アントニオ・アヴェーナが「決定した」ものだ。

wedding2

葡萄畑の続く、のどかな風景。一方の丘にはロミオの城、もう一方の丘にはジュリエットの城が向かい合ってそびえ立つ。写真はウェディング会場となったジュリエットの城から見るロミオ城の景色。

wedding15

お城のお庭にはリンフレスキと呼ばれる立食・アペルティーヴォのコーナーが設置されている。
真ん中にステージがあるところを見ると、後で歌手が来て歌い、その後はカラオケ大会にでもなるのかも?
みんな既にプロセッコなどを飲んで歓談しているが、ここで酔っ払ってしまっては写真が撮れないので我慢我慢(すごい、意外とプロ意識?)。

wedding12

フラワーガールはアンドレアの姪っ子マティルデ、フラワーボーイはマリアーナの子供のマヌエーレが担当。
二人とも新郎新婦より真剣な面持ち!

wedding4

三色旗のたすきをかけたモンテッキオ市会議員の方がイタリアの市民法を読み上げ、儀式を進行。新郎新婦・証人二人と議員さんが結婚登録書にサインして正式に結婚成立!

wedding9

もちろん、誓いの指輪交換も忘れずにシャッターを押しましたョ。

wedding6

この後、来客を庭にいったん残して、新郎新婦とのフォトツアー、ロメオ城まで移動。
ウェディングのコーディネートをしている時、カメラマンを観察しているので、だいたいの手順は把握してるつもり?

wedding1

この日の彼女は純白のドレスのストラップが赤、ブーケやハイヒール、ヘアーにも赤のアクセントを効かせていたので、白黒写真に赤色だけを認識させるモードで撮ってみました。

wedding5

一眼レフでも撮影したのですが、色々遊べるモードが入っているコンパクト・デジカメの方が私には撮りやすい。

wedding7

こういうショットはイタリア人好みかな~?
アンドレア、うれしそう。

wedding8

マヌエル君も新しいパパと幸せそうなママを見てうれしそう。
みんなで幸せになるんだよ~。

wedding10

塔の中の淡い光で彼女を撮ってみました。
このアングルだとなんだかプリンセス・ケイト風に見えてしまうのは錯覚か?

wedding14

ロミオ城の塔のてっぺんから見るジュリエット城の風景です。
残念ながら写真では語れない美しさです。

wedding13

ジュリエット城の中にあるレストランで長~い長~いランチ。
プリモだけで3種類、これは最初に出たニョッキです。
一つ一つのお皿がとても綺麗で美味しかったんですが、メインに突入する前に私はギブアップ。
いつもながら、イタリアウェディングでの食事の量というのは拷問に近いものがあります。

wedding18

ケーキカットはお庭で。
フローズン・ケーキになっていて、イタリアのケーキにしてはあまり甘くもなく、生クリームもしつこくなく、「美味しかった」、とパオパオ。お腹一杯で苦しんでたはずなのに・・・ドルチェは別腹ですね。

wedding17

私達は夕方7時過ぎにはおいとましましたが、新郎新婦と一部の招待客は夜中12時を過ぎても踊りまくっていたそう。翌朝のハネムーンの飛行機、間に合ったのかなぁ?

wedding16

全員集合です。
もちろんカメラマン2人はここには写っていません(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。