2011-11-16 14:06 | カテゴリ:spettacolo・エンターテイメント
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
IMG_5704.jpg

何ヶ月も前から楽しみにしていた坂本龍一のコンサート、今週日曜日にパドヴァまで行って来ました♫

イタリアではポップ/ロック系コンサートのチケット価格はだいたい20~30ユーロが相場。坂本氏のコンサートは69ユーロ+手数料で73ユーロというかなりな高額。経済危機が続く現在のイタリアでこんなに高いチケットが果たして売れるのか?という心配は無用でした。ソールドアウトにこそならなかったものの、会場はほぼ満員。彼のイタリアでの人気の高さを物語っていました。

IMG_5680.jpg

コンサートが始まって・・・ピアノの弦を手で弾いたりと、最初の4~5曲はかなり前衛的な音楽が続き、パオパオと二人で固まっていました。
会場も少し当惑している空気。

IMG_5684.jpg

でも『ラストエンペラー』や『戦場のメリークリスマス』などのヒット曲が始まると割れんばかりの拍手!
坂本氏の他にヴァイオリンとチェロでピアノ三重奏という構成です。ヴァイオリンの女性は中国系のカナダ人のようですが、『ラストエンペラー』の演奏では胡弓のようなオリエンタル調の音色をよく出していたと思いました。

IMG_5694.jpg

最後に坂本氏がマイクを握りしめて会場に挨拶。
東日本大震災後、各国からの激励を頂いたことへのお礼や原発を廃絶する必要性を英語で語っていました。

IMG_5700.jpg

アンコールはなんと4回!大変なサービスぶりでした!
演奏自体には満足だったのですが、唯一残念だったのが会場でした。
コンサートホールではなく、巨大テントの中に簡易椅子を並べただけのところで、通常行っているようなロックコンサートならまだしも、ピアノ三重奏の音響にはとても向いていない環境・・・。とどめはテント内の暖房用空調の音が演奏中ゴーゴーと響き続け、会場の近くを通る環状道路の騒音まで聞こえて来る始末。
サウンドチェックの時点で坂本氏はさぞかし驚いたのではないかと想像しますが・・・。
スポンサーサイト