-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-01 15:09 | カテゴリ:passatempo・ホビー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
spanish1

昨晩、我が家の電話が鳴った。
友人知人は携帯の番号にかけてくるので、家の電話が鳴ることは滅多にない。
この番号にかかってくるのは押し売り的な電話ばかり。しぶしぶと受話器をとった。

電話の相手は私の知らないイタリア人の女性だった。
知人から私の番号をもらったのだという。
電話の内容は「日本にとても興味をもっている自分の息子に日本語を習わせたい」というものだった。

“日本に興味を持っている”というのだが、“ブルース・リーが好きだから日本びいき”って・・・うっ。・・・どう返してよいかわからず、とりあえず聞かなかったことにしたが、30年前はじめてロンドンに行った時に「お前はどこから来たのか?」と問われ、「日本から来た。」と答えると、「じゃいつ香港に戻るのか?」と言われた時代から西洋はあまり変わってないのかな~。

23歳になるという彼女のご子息は昨年東京に10日間滞在したことがあるらしい。
23歳といえば、うちのみのむしと同い年だ。
みのむしにスカイプ経由でタンデム学習でも押しつけた方がよさそうだ。
私の教え方が悪いばかりにせっかく日本びいきなのが日本離れにでもなったら責任重大だ。
みのむしなら東京でイタリア語と英語会話の教師のアルバイトをしていたこともあるし、適任だ。

日本語が話せる=日本語が教えられる、というわけではない。
以前、ヴェネツィア大学の日本語科の学生だったアレッシアちゃんの勉強をみていたことがあるが、どうして雨はざあざあで、なぜ泣くのはめそめそとか、しくしくとか言うのか?とかつっこまれると本当に困った。
そう言うから言うんだ、黙って覚えろ!としか言えない。
日本語とはつくづく深い世界なんである。

かくゆう私も語学をはじめようと、去年、語学参考書を買った。
イタリア語にとても近いのに、微妙に違うスペイン語・・・なんとかマスターしたい。
スペインの友人達とはいつも英語でやりとりしているが、次に会う時までにはなんとかスペイン語で会話してみたい・・・でもせっかく買った参考書、折り目もついていないほど新品のまま。
付録のCD-ROMもまだ聞いたことがない。

はじめて本に目をとおしてみた。
父親がpadre、母親がmadre、本はlibro、手がmano、気候がclima・・・イタリア語と同じじゃん。
イタリア語で“いくら(クアント)?”のquantoはスペルがcuántoになるだけで発音は同じだ。
イタリア語の語尾にsをつければスペイン語の単語になりそうな感じもする。

spanish2

ともかく、語学の上達にはある条件を備えていないといけないと思う。

1・・・記憶力。(最近アルツハイマー気味の私には到底ないものだ。)
2・・・音感。(単語の聞き取りや発音など、音楽的才能のある方は語学にも向いていると思う。これも×。)
3・・・情熱。(その言語の文化に傾倒している場合、また、移民などその言葉を話すことが死活問題な場合、上達が早い。)

情熱、お達者クラブの域に達している私に果たして湧いてくるものなのか?
参考書は新品のままイーベイで処分されないといいけれど・・・。
いくつになっても学ぶことを忘れずに、を合言葉にがんばります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。