-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-19 16:40 | カテゴリ:calcio・サッカー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
IMG_9954_convert_20130519234438.jpg

パオパオが先週プレゼントしてくれた猫のぬいぐるみ(10ユーロ)。地元サッカーチーム、ヴィチェンツァVicenzaのマスコット人形、ガットン・ガットンGatton Gatton(本当はGatton Gattoneなのだがみんな最後の母音eを発音しないで呼んでいる)という名前だ。猫特有のちょっとだけ意地悪そうな表情がよく伝わっていて、サッカーチームのマスコットの中でもなかなかよくできているキャラクターだと思う(写真では見えないがしっぽもある)。

DSCF4502.jpg
ガットン・ガットンはこういう風に試合が始まる前や休憩中にグラウンドに出てきて、ファンの士気をあおる。


ちなみに私の応援するローマは、、、


zoom_14351399_mascotte_roma_ventose.jpg

マスコットはオオカミ人形。名前はロモロRomolo、ローマ建国神話に出てくる狼に育てられたという双子の兄ロムルス。

hqdefault.jpg

背番号はローマ建国にちなんで(紀元前)753である。



さて、昨日セリエBの今シーズン最期の試合が終わった。
セリエBは上位3チームが翌シーズンセリエAへ昇格し、下位4チームがセリエCに降格するが、下位に関してはプレイアウトPlay Outといってもし下から4番目のチームが5番目のチームと5ポイント以内の差である場合、この二チームをホーム&アウェイで戦わせて勝ったチーム(引き分けの場合は得点の多い方)がセリエBに残る方式をとっている。

パオパオの応援する地元チームは昨日の時点で下から4番目。5番目との差はもし勝てば5ポイント以内になるので、プレイアウトに進める可能性があった。悲願の勝利を祈りながらスタジアムに出かけたパオパオ。
お留守番の私も猫人形と一緒にテレビを観戦していたのだが・・・


0-0。
勝てなかった。よってプレイアウトをするチャンスもなく、セリエCへと落ちることが決まった。
セリエCに落ちるのは20年ぶりだそうで、そのショックは大きい。
Cに落ちることで経営財政難になり、つぶれてしまうチームも多いと聞く。
過去にはロベルト・バッジョRoberto Baggioが活躍した地元チームの運命はどうなるんだろう?
猫人形も泣いている・・・。
スポンサーサイト
2011-07-21 01:22 | カテゴリ:calcio・サッカー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
asroma18

カルチョの国イタリアに住むことになったのはサッカー好きとして悪くなかったのかもしれない。サッカーにハマったきっかけは1978年のアルゼンチンが優勝したワールドカップだった。その時のアルゼンチン・チームのキャプテン、マリオ・ケンペスはそれはそれは素敵な選手だった。79年にトヨタカップで来日した時、品川のパシフィックまでサインをもらいに行ったくらい熱狂していた。

当時、日本ではサッカー好きな人は稀で東京12チャンネルで三菱ダイアモンドサッカーという60分番組(サッカーの試合は90分なのに60分番組というのも凄い)で、世界各国のダイジェスト版を放映していたぐらいで、日本では超マイナーなスポーツだった。今のJリーグ、なでしこ・ブームがやってくるとは想像できなかった時代である。

前置きが長くなったが、私のサポートチーム、ASローマは毎年北イタリアまで夏の強化合宿にやって来る。
我が家から片道300キロの距離、車を飛ばして、トレンティーノ・アルト・アディジェ州ブルーニコBrunicoという町までローマの合宿の見学に出かけてきた。パオパオはローマファンではないので私の一人旅だ。私のローマ病のことはあきらめてくれている。

asroma15

初めて訪れるブルーニコ。
ここはイタリア?と思うぐらい、町はゲルマンの雰囲気が漂う。
オーストリアとの国境は目と鼻の先だ。
アルト・アディジェ地方の母国語はドイツ語だ。人の様子も金髪に青い目というゲルマン風が主流でぱっと見はイタリア人というより完璧にドイツ人風の人が多い。皆バイリンガルでイタリア語も通じるのだが、やはりRの発音にくせがあるドイツ語なまりのアクセントだ。

asroma17

町の風情。

asroma13

川の流れる景色。やっぱり外国に来たような気が・・・。

asroma11

メルヘンチックな可愛らしい町。

asroma10

地元の民族衣装で散歩している人達を見ると、ここはチロルなんだと実感。

asroma14

あちこちに花が咲き乱れ、とってもお上品な雰囲気。
こんなところにあまりお上品とは言えないローマのファンが大挙してやって来ても大丈夫なのか、ちょっと心配。

asroma19

町を闊歩するロマニスタ一家(左下)。ベビーカーの子供の果てまでしっかりジャッロ・ロッソ一色・・・と言いたいところだが、旦那の来ている服、もしかしてラツィオファンなのか? もしそうなら家庭不和にならないのか?

asroma12

キャンプ地の周辺はこんなのんびりした風景。

asroma9

こういう看板、日本の遊園地にありそう。

asroma16

選手を一目見ようとやってきた大勢のファン。そのほとんどはローマから夏のバカンスを兼ねてやって来ていて、地元の観光収入にかなり貢献しているはず。3人ほど日本人らしき人の姿も見かけた!

asroma8

練習中のトッティとデ・ロッシ、奥にはグラサンのルイス・エンリケ監督。なんだかみんな楽しそう。
練習時間は朝10:00~12:30、午後16:30~19:00。

asroma7

予想していなかったのが移籍が噂されていたヴーチニッチの姿・・・。

asroma3

そして同じくローマを飛び出そうなメネズまで!

asroma1

人の何倍も熱心にトレーニングしていたのがタッデイ。練習が終わっても一人黙々とトラックを走る姿にファンから大きな拍手。

asroma2

晩はファンの集い。スペイン人新監督のルイス・エンリケ。とても親しみやすい人という印象。これからバルサ的なカルチョがローマに導入されるのか乞うご期待!

asroma5

同じくスペイン人、ニューフェースのホセ・アンヘル・バルデスは今年22歳・・・といってもあどけなくって、なんだか中学生ぐらいにしか見えない。こういう感じの子、よくファンにいるタイプ。

asroma4

表彰を受けるカピタン・トッティ。

asroma6

最後はトッティ、デ・ロッシ、ボリエッロのシャツをチャリティー寄付の為、セリにかける一幕。
それぞれ500~1000ユーロぐらいで落とされていましたが、デ・ロッシのシャツは監督のルイス・エンリケ自身が1000ユーロ出してゲットした後、舞台からシャツを投げて最前列にいた身体障害者の方にプレゼント。口の悪いトッティが移籍の話がよく出るデ・ロッシをからかって「みんな買った方がいいぞ。これがデ・ロッシのローマでの最後のシャツだからな。」とコメントすると会場は大爆笑。

写真ではわかりませんが、降り続く雨に打たれながらのこの集い。老体にはちょっと響きましたが、グラツィエ・ローマ!
2011-04-04 10:30 | カテゴリ:calcio・サッカー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
delpiero1

アレッサンドロ・デル・ピエロ Alessandro Del Piero、イタリアサッカーのファンであれば知らない人はいないというサッカー界の大スターである。宿敵ユヴェントスのキャプテンで、他のチームには移籍せず引退までユヴェと心中すると宣言したほど、デル・ピエロ=ユヴェという公式が成り立つ。

ラフなプレーやキレて殴り合いになることが多々あるサッカーの試合だが、デル・ピエロはどちらかというと知的な選手でいつもフェアープレーを心がけてきた。インタビューなどを聴いていても、彼の穏やかな性格がにじみ出ている。敵ながらあっぱれ!といつも思っていた。ちなみに彼はヴェネト出身である。彼の親日ぶりは有名で、確か彼のマネージャーさんも日本の方だと以前聞いたことがあった。

そのデル・ピエロが4月1日に在イタリア日本領事と共に記者会見を行った。
上の写真は彼のホームページ(www.alessandrodelpiero.com)をクリックすると最初に出てくる画像である。
delpiero2

東関東大震災の募金を日本赤十字に寄付しようと、日伊友好Tシャツを彼のホームページに掲載したという発表の会見であった。昨日の試合でもローマのキャプテン・トッティと共に試合前、このTシャツを呼びかけていて、スタジアムに大きな拍手がおこっていた。やっぱり敵ながらあっぱれの人なんである。

Tシャツは1枚15ユーロ。
発送料はイタリア国内が10ユーロ、EUが20ユーロ、日本やアメリカは38ユーロ。海外向けは発送料の方が高く、クーリエ会社さんに寄付しているような感じ・・・?でもそこはデル・ピエロ、ちゃんとシャツ代金以外にも希望の方はさらに寄付ができるシステムにしてくれている。

イタリア人は読めなくても漢字が大好き。
洋服や果ては刺青まで、近年、漢字ブームである。
このシャツ、売れる気がする。

このTシャツが購入できるサイト:www.ale10friendsforjapan.org
2011-02-20 21:23 | カテゴリ:calcio・サッカー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア
champions1
さて、お芝居の次はサッカー・スタジアムへ!地下鉄フラミニオ駅で降りて、路面電車に乗り終点で降りると、目の前がスタディオ・オリンピコStadio Olimpicoです。1月6日のカターニャ戦も観に来たので、今年ローマの試合を観るのは2度目です。

champions2
チャンピオンズ・リーグの準々決勝という大切なホーム試合、クルヴァCurvaと呼ばれる熱狂的なサポーターが陣取るコーナーにはローマのチームカラー、赤と黄色を入れた三色旗、美しいシーンです!チームへの愛を感じます~。

champions16
いつもは一番安いクルヴァに私も陣取りますが、今夜は一人なので奮発してトリブーナTribunaの席にしました。一応私も女性なので(?)、女性割引で正規料金の約半額です。こんなによく見える席に来たのは初めてです!すごい!まわりには日本の人がたくさんいます!

champions3
始まりの合図、ローマの応援歌をサポーターが合唱します。

champions4
選手一人一人の紹介をスクリーンで映します。

champions5
今日の相手チームはシャフタール・ドネツクShakhtar Donetskというウクライナのチームです。相手チームの各選手と試合前の握手を交わします。

champions6
試合前の記念撮影も終わり、さてキックオフです!

champions7
みんな頑張っています。なかなか調子いい出だしです。

champions8
やった!先制点が入りました!

champions9
・・・と喜びもつかの間、1分後にはすぐ同点に追いつかれ・・・

champions10
・・・わけのわからないうちに、相手のリードは2点差にひらいてしまいました。場内はものすごいブーイングです。私の隣に座っていた4人のシャフタールのサポーターはローマのサポーター達に胸倉をつかまれ喧嘩になっています。あ、警察が集団で止めに入りました・・・そしてシャフタールの人達はどこかに連れて行かれてしまいました。

champions11
チーム最多ゴールを出しているボリエッロ(手前)がなぜか今日は補欠です。交代に備えて準備体操をしています。

champions12
時間はどんどん過ぎていくばかり、ちっとも追いつけません。

champions15
結局、2-3で負けてしまいました。雑魚いチームと思われていたシャフタールにホームで敗退とは・・・。ファンの怒りはおさまりません・・・。

champions13
選手全員、しょんぼりした足取りです。クルヴァのファンにあいさつにかけよると非難轟々、まずい空気が流れていました。

champions14
肩を落としながら家路に帰ります。アリヴェデルチ、オリンピコ・・・。

chanpions17
記念のスカーフを10ユーロで購入しました。3月8日ウクライナでリターン・マッチがあり、それで準決勝にすすめるかが決まります。2-0で勝てばまだローマにもチャンスがあります(かなり楽観的)。

ところが、今日(2月20日)のセリエAのジェノヴァ戦、最初3-0で勝っていたにもかかわらず、3-4でまたまた負けてしまったんです~。もう泥沼です。連敗から抜け出せません~。監督をクビにしろという声はもちろん、ファンは試合を観に行くのをボイコットする動きをフェイスブックで呼びかけているようです。
でもでもいくら負け続けても、私はいつまでも応援しますよ~。がんばれ、Lupetti!!!

ではまた、あ・ぷれすと!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。