-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-10 11:34 | カテゴリ:cucina・クッキング
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
CIMG0202_convert_20130908222406.jpg

夏でなくても一年中ジェラートがおいしいイタリア。
私の定番はヘーゼルナッツNocciola味、パオパオはメレンゲ、チョコミント、それからフルーツ系のシャーベットが大好き。
近くにおいしいジェラート屋さんがあるのでよく持ち帰り用を買ってきて冷凍庫に入れているのですが、食いしん坊のパオパオにかかってはあっという間に空っぽに・・・。0,5リットル入りの容器が8ユーロ、もっとチビチビと食べてもらいたいのが本音。

この夏、日本でとってもおいしいアールグレー味のジェラートを食べたのですが、イタリアではまずお目にかからないテースト。それもそのはず、カフェ命のこの国では紅茶文化は存在しないといっていいほどで、バールなどで紅茶を頼むと、「勝手に自分で入れて下さい」と言わんばかり、空のティーカップにティーバッグとお湯の入ったポットが出てくるだけなんです。

ゆえに紅茶味のジェラートなんて食べることはできないわけで、なければしかたない、自分で作ることにしました。

色々なレシピーがあると思いますが、今回使った材料は:

牛乳 0,5リットル
生クリーム 0,25リットル
砂糖 150~180g
卵黄 4つ
アールグレーのティーバッグ 4袋
(バニラビーンズ 1本、なくても可)


作り方です:
CIMG0203_convert_20130908223011.jpg

①鍋で牛乳と半分の量の砂糖を温め、火を止めて、ティーバッグとバニラビーンズを10分以上浸しておきます。


CIMG0204_convert_20130908223531.jpg

②卵黄に残りの砂糖を加え、かき混ぜます。

③ティーバッグとバニラビーンズを取り出した①の鍋に②を木べらでかき混ぜながら少しずつ加えます。その後、少しとろみがつくまで弱火で煮つめます(決して沸騰させず、卵が固まらないように木べらでかき回し続けます)。


CIMG0205_convert_20130908223956.jpg

④ボールに③を濾して、生クリームを加え、冷蔵庫で冷やし、アイスクリームマシーン(写真)に入れて30分・・・。


CIMG0208_convert_20130908224404.jpg

完成品です。
アールグレーの爽やかな香りととろけるような滑らかさです。
お毒味してくれたパオパオも「これなら、いつか僕の会社が倒産したらジェラート屋が開けるな」と言ってくれました。(おや? 会社が倒産したらトラック運転手として再就職するんじゃなかったの?)
自家製ジェラート、少し手間がかかってもマジにおいしいので、これにはまると、もうよそでは買えないほどです。

上のレシピーからティーバッグを除けば基本のバニラアイスができます。
紅茶の代わりにグラッパなどを入れても大人の味になっておいしいです。
今回使ったティーバッグはイギリス仕様なので少し量が多く濃い目、日本やイタリアのティーバッグであれば6袋ぐらいあった方がいいかもしれません。
みなさんも是非お試しを!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。