-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-03-27 01:16 | カテゴリ:veneto・ヴェネトの風景
ブログをさぼって早3年、日めくりカレンダーがパラパラと風に飛ばされていくサブリミナル映像でも見ているような感覚がします。春の到来と共にローマからお友達のフランコさん夫妻がパドヴァ郊外の温泉地アバノテルメへ遊びにやって来ました。今日はご夫妻を誘って、毎月最終日曜日に開催されるピアッツォーラ・スル・ブレンタPiazzola sul Brentaのアンティーク市に出かけてきました。

IMG_1873.jpg

ピアッツォーラはヴィチェンツァからもパドヴァからも車で約30分。ヴェネツィア貴族のコンタリーニ家がもともとは建築家アンドレア・パッラーディオに設計を依頼したらしい(確証はないようです)ヴィラをのちにバロック調に仕上げた館がそびえ、その館の前に広がる大きな広場や柱廊を中心に800以上の屋台が並ぶヨーロッパでも最大級の骨董市です。昨年12月に久しぶりにローマのポルタ・ポルテーゼの市場をのぞいてみましたが、移民の人達がほとんどでアンティークというよりはただのボロ市で買いたいものはまったくない悲しいものでした。ピアッツォーラのこの骨董市はガイドブックなどには全く載っていませんが、穴場中の穴場です。

私のアンティーク市への憧れの始まりはその昔、アンアンかノンノに出ていたパリの蚤の市のアンティーク・ドールの写真で、いつかアンティーク・ドールを買いたいなぁとずっと夢見てきましたが、お人形には以前の持ち主の魂がこもっているような気がして、どうしても買うことができません。
 。゚(゚´Д`゚)゚。 
そのお人形たち、ここにもいます。。。

IMG_1866.jpg

私が目をつけた後列のお人形たち、ドイツ製だそうですが、コンディションもよく、とてもきれいな顔をしています。右から380ユーロ、450ユーロと値段を聞く勇気までは出ましたが、やはり今回もお人形たちに後ろ髪をひかれる思いで立ち去りました。

IMG_1865.jpg

デザインが素敵なブリキの缶です。前回来た時は愛らしい猫の絵が入った缶を購入しました。

IMG_1868.jpg

こちらは昔懐かしブリキのおもちゃたち、今の子供たちは見向きもしないでしょうか?

IMG_1870.jpg

レザーの旅行鞄売り場ですが、後ろの木に寄り添っているマネキンに思わず目が。。。一体何なんでしょう?足に値札らしきものがついているので彼も売り物???

IMG_1874.jpg

ヴィラ・コンタリーニ前の広場に出ました。お天気がいいので、たくさんの人出が出ています。

IMG_1875.jpg

広場には家具が圧倒的に多いのですが、骨董美術品もたくさんあって、掘り出し物が見つかりそうです。

IMG_1876.jpg

ヴィラ・コンタリーニは現在、入場料7ユーロです。

IMG_1877.jpg

ヴィラの前の広場は夏になるとポップスやロックの野外コンサートが繰り広げられます。ここで演奏できるアーティストはエルトン・ジョンやサンタナ級の有名どころで、今年の夏はクランベリーズや2Cellosなどのコンサートが予定されています。

IMG_1883.jpg

イタリア語でカルチョ・バリラcalcio balillaと呼ばれるテーブルサッカーです。
ブリキでできていて、これもレトロ感覚どっぷり。

IMG_1884.jpg

イギリス人のおじさんがやっているシルバーの屋台、私のお気に入りです
奥にある銀食器はそれなりにいい値段がしますが、チベット製シルバー・チャームなら私の予算ばっちりです。1個1ユーロ、8個買うと5ユーロ。色々なデザインを宝探しするように、漁って見つけるのが楽しみです。

IMG_1885.jpg

その昔、衣類を入れていた長持ちというのでしょうか?
なんだか、海賊の宝物がザクザク入っていたような想像を膨らませます。

IMG_1892.jpg

時計を見ると12時をまわっていて、そろそろお腹が空いてきました。
広場を出てすぐのところにあるオステリアです。
グーグルの口コミも5点中4,4と高ポイントでした。

IMG_1893.jpg

パスタ9ユーロぐらいなら、妥当です。

IMG_1895.jpg

家庭料理、ヴェネト100%!!!と謳っています。

そして何より、

IMG_1891.jpg

ワンちゃん大歓迎!のポスターが入り口に。。。
フランコさん夫妻は愛犬オオカミちゃんを連れてきています。
もう、ここしかありません!

IMG_1888.jpg

私のアンティパストはイワシの南蛮漬けSarde in Saor、6ユーロ。4人ともそれぞれ違うものを頼みましたが、どれも◎でした。

IMG_1889.jpg

続いてプリモ、ホタテと白アスパラのフェットチーネ、9ユーロ。大変おいしゅうございました♫

IMG_1890.jpg

写真を撮る前に早くもパオパオのスプーンが入ってしまいましたが、デザートは座布団のような巨大ティラミス。二人でシェアでちょうどいい量でした。ワインは飲まなかったのですが、この後エスプレッソを頼んで、4人で86ユーロ。
口コミ通り、当たりのお店でした!

IMG_1886.jpg

腹ごしらえしたところで、またヴィラの前の広場に戻り、ぶらぶらと散策再開です。

IMG_1897.jpg

きっとビートルズのお人形なのでしょう。ジョン・レノンは似ていますね。

IMG_1901.jpg

1900年初めのアンティークの帽子とアクセサリー。自分には似合わなくても、素敵だな~と、思わずつられます。

IMG_1898.jpg

これがあれば、自宅でメガネの度数が測定できますね、笑。

IMG_1903.jpg

パオパオは日本の版画を売っているカーペット屋のおじさんの所で足を止めました。
クリスティーズで買い付けたアンティークだとかで、500ユーロと高値。
手も足も出ません。。。「開運!なんでも鑑定団」で鑑定してもらうとまた違った数字なのかもしれませんが。。。

IMG_1904.jpg

その昔、私が収集していたリストランティ・ディ・ボン・リコルドのお皿の一枚、懐かしい~。

IMG_1896.jpg

こちらは1990年のサッカー・ワールド・カップ、イタリア大会のマスコット・キャラクター。あれからもう27年ですか~?(汗)

IMG_1899.jpg

左から2番目の道具、これは何かな?とパオパオ。
お店の人がおっしゃるには、牛のおチンxxを取る時に使う道具なんだそうです。
思わず痛そうなしぐさをするパオパオ。

IMG_1872.jpg

版画、楽譜とバイオリン、そしてなぜか人体の内臓模型。。。
わけがわからない組み合わせ。

IMG_1879.jpg

尽きることなく見ていたかったのですが、なんだか空模様が怪しくなってきました。
昼過ぎから雨の予報が出ていましたっけ。
結局、今日はお買い物なしでしたが、楽しい余暇を過ごさせて頂きました。
ありがとう、ピアッツォーラ!
お人形たち、また来月会いましょう!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。