2013-05-19 16:40 | カテゴリ:calcio・サッカー
ジャンル:海外情報 テーマ:イタリア生活
IMG_9954_convert_20130519234438.jpg

パオパオが先週プレゼントしてくれた猫のぬいぐるみ(10ユーロ)。地元サッカーチーム、ヴィチェンツァVicenzaのマスコット人形、ガットン・ガットンGatton Gatton(本当はGatton Gattoneなのだがみんな最後の母音eを発音しないで呼んでいる)という名前だ。猫特有のちょっとだけ意地悪そうな表情がよく伝わっていて、サッカーチームのマスコットの中でもなかなかよくできているキャラクターだと思う(写真では見えないがしっぽもある)。

DSCF4502.jpg
ガットン・ガットンはこういう風に試合が始まる前や休憩中にグラウンドに出てきて、ファンの士気をあおる。


ちなみに私の応援するローマは、、、


zoom_14351399_mascotte_roma_ventose.jpg

マスコットはオオカミ人形。名前はロモロRomolo、ローマ建国神話に出てくる狼に育てられたという双子の兄ロムルス。

hqdefault.jpg

背番号はローマ建国にちなんで(紀元前)753である。



さて、昨日セリエBの今シーズン最期の試合が終わった。
セリエBは上位3チームが翌シーズンセリエAへ昇格し、下位4チームがセリエCに降格するが、下位に関してはプレイアウトPlay Outといってもし下から4番目のチームが5番目のチームと5ポイント以内の差である場合、この二チームをホーム&アウェイで戦わせて勝ったチーム(引き分けの場合は得点の多い方)がセリエBに残る方式をとっている。

パオパオの応援する地元チームは昨日の時点で下から4番目。5番目との差はもし勝てば5ポイント以内になるので、プレイアウトに進める可能性があった。悲願の勝利を祈りながらスタジアムに出かけたパオパオ。
お留守番の私も猫人形と一緒にテレビを観戦していたのだが・・・


0-0。
勝てなかった。よってプレイアウトをするチャンスもなく、セリエCへと落ちることが決まった。
セリエCに落ちるのは20年ぶりだそうで、そのショックは大きい。
Cに落ちることで経営財政難になり、つぶれてしまうチームも多いと聞く。
過去にはロベルト・バッジョRoberto Baggioが活躍した地元チームの運命はどうなるんだろう?
猫人形も泣いている・・・。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://vacanzaitaliana.blog95.fc2.com/tb.php/43-91cc039c