--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13:33:31
01

フェイスブックの功罪

facebook

長い冬眠生活が終わり、すっかりご無沙汰してしまったブログに戻ってきました。
怠慢な私めをどうぞお許し下さい。

さて、先日、フェイスブックに届いたお友達リクエスト。
11年前に私が初めて手がけた、記念すべきウェディングの時のOさんご夫妻からでした。
わ~、まだ私のことを覚えていてくれて、私を探し出して下さったんだ~、、、と感慨ひとしお。

フェイスブックのいい所はやはり、音信不通になってしまった友人知人と再会できることでしょうか?
20年前にみのむしが幼稚園に通っていた時のママ友も私を見つけ出してくれました!

ところが、、、。


決して、よいことばかりではないのがフェイスブックの怖さ。

以前、私とパオパオがカメラマンとして活躍した(?)パオパオの従弟のウェディングを覚えていらっしゃるでしょうか?
当時のブログはこちら→ http://vacanzaitaliana.blog95.fc2.com/blog-entry-21.html

彼らが結婚したのが5月半ば。
な、なんと、翌年1月始めには別居してしまったんです~~~。

そして別居のきっかけは、、、、、





フェイスブック  でした。


ある時、彼女が旦那さんをフェイスブックのお友達から外してしまったんです。
おや?なんか変だな?と思った彼は、友人を通して調べたところ、彼女に別に男性がいたことが発覚!
フェイスブック上での書き込みを旦那さんに見られないようにお友達からはずしたことがわかりました!
(別にお友達から外さなくても、色々隠せる方法があったと思うんですけど)

その後は親戚中で大騒ぎになり、、、
二人が住んでいた家は彼女が居座り、パオパオのいとこはなぜか毎月生活費を彼女に払わなければならない羽目に!

涙にくれるパオパオのおばさん。
「最初からすべて計画していたんだわ、あの性悪女!」
怒りはおさまらないようです。

こうなったのもすべての発端はフェイスブック。
イギリスでは3分の1ぐらいの確率でフェイスブックが別居離婚の原因になっていると以前ニュースで聞いたことがありました。

フェイスブックの為に人生が変わってしまう?
でも、、、
パオパオと考えたんですが、フェイスブックのおかげで人生を台無しにしなかった、とも言えると。

もしパオパオのいとこが何も気がつかず、あのままずっとだまされ続けていたとしたら、もっと人生遠回りしてたと思うんです。
そういう意味でやはりフェイスブックは功績と罪過が共存していると思います。

スポンサーサイト

Tag:ウェディング フェイスブック

- 3 Comments

ナマステ  

フェイスブック

フェイスブックが原因とか責任とかではないと思います
私はこのようなネットワーク社会は、便利ですが好きではありません。イイネボタンも誕生日挨拶も
特に強要されると興ざめします
しかし、TOMMYファンと繋がったり昔の仲間と再会したりメリットは感じます

2014/04/02 (Wed) 03:43 | EDIT | REPLY |   

Tottigoal  

Re: フェイスブック

ナマステ殿、

コメントありがとうございました!
同感です、ソーシャルネット社会に知らず知らずのうちに束縛されてしまうのは怖い気がします。
私もお誕生挨拶を回避する為、プロフィールから自分の誕生日を削除しました。
遠くにいてもTOMMY会の写真などが見られると、距離を感じませんので、その点はありがたいですね。

2014/04/02 (Wed) 08:25 | EDIT | REPLY |   

なますて  

チャコあてにTommy全部+関連音源(20G)をインソールしたMP3プレーヤーを作ってプレゼントしたいと思います
いつ来るかわからないので送るつもりです。

2014/04/03 (Thu) 05:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。